【基礎看護技術】前傾姿勢での洗髪(ウォッシュボウル)手順書

洗髪は、成人や老年での実習時の受け持ち患者さんへのケアで取り入れる事が多い援助なので
基礎をしっかりおさえておきましょうね♪

目次

手順書作成にオススメの書籍

2冊とも学生時代の手順書作成や看護技術の授業・実習などに重宝した書籍です・w・
根拠や留意点など、ケアを行う上で気を付けるべき事が豊富に書かれていて
これから看護技術を習得される皆さんには是非手に取って頂きたい書籍です(^^♪
(看護技術 プラクティスのほうは学校で購入しました🌸)

洗髪(ウォッシュボウル)の目的

・頭皮および頭髪の汚れを除去して清潔にし、感染を予防するとともに気分を爽快にする。

洗髪(ウォッシュボウル)の禁忌

・呼吸苦、酸素療法中(経鼻)、腹部に瘡がある場合

上記の患者さんでは、ウォッシュボウルの洗髪が禁忌となります。

洗髪(ウォッシュボウル)の必要物品

フェイスタオル1~2枚
シャンプー
ドライヤー
ガーゼ
リンス
ポリ袋
耳栓(青梅綿)
ブラシ
ケープ

<必要に応じ準備する>
・バスタオル ・ひざ掛け

洗髪(ウォッシュボウル)の手順

以下の手順書は、実際にはるさんが学内実習の課題でまとめたもので
このまま実習にも持っていきました💡

項目手順根拠・留意点
1.必要物品の準備

2.患者へのIC


3.排泄の確認、着替えの準備

4.環境の準備












5.患者の準備







6.洗髪中の援助









































7.洗髪後の援助
1.必要物品を準備する。

2.患者に洗髪の目的・方法を説明し承諾を得る。

3.排泄の有無を確認し、着替えをそろえる。

4.
 1)部屋の準備をする。
 ・隙間風をなくし、室温を調節する。
 2)プライバシーを保護する。
 3)ベッド周辺を整える。
 ・床頭台など患者の移動の障害になる物をベッドから離す。
 ・ベッドのストッパーを確認する。
 ・ベッドの高さを調節する。



5.
 1)患者にウォッシュボウル(洗面台)の位置まで移動してもらう。





6.
 1)頭髪をブラッシング後、40±2℃の湯温で加減を患者に確認しながら湯を掛ける。






 2)適量のシャンプーを手掌に取り、頭皮と頭髪につけて、指腹でマッサージしながら洗う。
 ・特にフケが溜まりやすい頭頂部は2回以上洗う。

 3)頭部を片手で支えながら、後頭部や生え際も丁寧に洗う。

 4)頭髪が長い場合はまとめて手でしごき、ざっと泡を除去する。

 5)頭髪の生え際に手でフェンスをつくり、湯は頭頂にむけてシャンプー成分が残らないように洗い流す。

 6)かゆい部分や洗い残しがないか患者に確認し、汚れが落ちにくい場合は2度洗いをして好みでリンスをする。

 7)ケープを外し、耳栓、ガーゼを取り除く。

 8)襟元のフェイスタオルを広げて頭部を包み、水分をタオルで押さえる。

 9)髪をかき分けて毛根部を乾かすように、ドライヤーで完全に乾かす。


7.
 1)ブラシで整髪して寝衣を整える。
 2)環境を元に戻し、使用物品を片付ける。
 3)報告を行う。
 ・患者の状態(必要に応じてバイタルサインなど)
 ・頭髪・皮膚・毛髪の状態
 ・患者の感想(爽快になったかどうか等)
1.タオルは扇子畳みにする。

2.同意を得る事で患者の協力を得やすくなる。

3.援助中の排泄は患者のストレスになる。


4.
 1)室温22℃±2℃、湿度50%
  ・冷感を感じさせないようにする。
 2)多床室ではカーテンやスクリーンなどを用いて個人のプライバシーを保護する。
 3)患者に確認しながら行う。
 ・ベッドの高さ調節の際は目をつむってもらうよう声を掛ける。
 ・患者の足が床につく高さまでベッドを下げる。



5.
 1)患者が転倒しないよう充分注意する。
 2)ウォッシュボウルの中にケープを垂らす。
 3)耳の中に水が入らないようにする。






6.
 1)ドライヤーのコンセントが届くか確認する。
 ・前傾姿勢では、僧帽筋、上腕三頭筋、大腿二頭筋の収縮が強くなるので、椅子の手すりまたはウォッシュボウルの横を把持してもらい、力を分散させることで軽減できる。

 2)指腹でマッサージしながら洗う。
 ・生え際も丁寧に洗う。
 →後頭部の生え際は汗や皮脂が流れて溜まりやすい。




 4)洗浄の湯温を最小限にするために、泡を除去しておく。

 5)シャンプーだけで必要な湯量は13.4±3.5Lなので、頭髪の量や長さ、リンスなどで調節する。













 9)頭髪だけの乾燥では、頭皮に湿気が残り、頭部の冷感が長時間持続することになる。

7.
 1)抜け毛はまとめてポリ袋に入れて処分する。
 2)次に使う事を考えて元にあった場所に片付ける。

<参考文献>
・深井喜代子著,「新体系 看護学全書 基礎看護学③ 基礎看護技術Ⅱ」,メヂカルフレンド社,2013年,P158-161
・村中陽子,玉木ミヨ子,川西千恵美編,「学ぶ、試す、調べる看護ケアの根拠と技術」医歯薬出版株式会社,2005年,P.74」

今回はウォッシュボウル(洗面台)での洗髪の援助手順について解説しました♪

ベッド上でのケリーパッドを用いた洗髪の手順については下記で解説していますので、良かったら読んでみて下さいね★

↓ブログランキング参加中です。良かったらクリックお願いします❤↓

よかったら「B!」して下さいね

この記事を書いた人

はるさんです。
4年制大学を卒業後、看護師になりました。
二次救急指定病院で病棟・外来・手術室看護師として勤務。
現在は看護師をしながらフリーライターとして活動中です。
このブログは看護学生さんへの学生生活や実習のお役立ち情報を主に発信していく予定ですが、趣味の事などもつぶやこうかなと思ってます。
長らく更新を停止していました。
以前のコンテンツ(看護計画など)については、NOTEにお引越ししています。
よろしくお願いします(*'▽')

目次
閉じる